ろうそく足

週刊「へそゴロ」

週刊「へぇーそー!五郎久保」第5号(略して「へそゴロ」)

さて「椎名町」の由来は?

残念ながら、椎の木とは全く関係ない。悪しからず。小学校の手前の高級アパート「藤香荘」の庭の椎の木が、くさい臭いを放っていたものだ。だが、炒めるととても美味しい。松の実も…。

ところで、ところで江戸っ子が「し」と「ひ」、「い」と「う」が不得意なのをご存じだろうか?車が動くを、いごく、そして…。

椎名町は「ひいな町」が正しい。大和田とはいうものの、ろくな作物は出来なかったらしい。願望のネーミングかもしれない。
米は、「ひいな米(まい)」と言われ、米粒を指で潰すと簡単にぺちゃんこになってしまう。ヒナも横を向く代物だった。
五郎久保も椎名町も農業には向かない。だから、割合早くに住宅地と化したようだ。

池袋駅はいつ出来たの?
明治39(1906)年、日露戦争の2年後である。だから、開通100年に及ばない。元は信号切り換え所だった。
目白駅は?
明治18(1885)年、長崎尋常小学校と同じ年だ。駅舎に開業130年と書かれた横断幕?がある。
なぜ、池袋と目白は同時ではないのだろうか?

当初、目白と大塚を繋げようと考えられた。邪魔になるものあり。
なんだろうか?現在のサンシャインよ。

そう、元の東京拘置所、いわゆる巣鴨プリズンだ。そのため、信号切り換え所を池袋駅に昇格させたわけだ。当時の乗降客1日40人!巣鴨村大字池袋だから巣鴨プリズンという。ここで、東条英機は絞首刑となった。64歳、東条家の墓所は雑司ヶ谷にある。
椎名町小学校はいつ出来たの?
昭和4(1929)年、要(要町)小学校はその前年である。長崎第二、長崎第三小学校と呼ばれた。わが母が第一小から3年のとき、転校し多と聞いている。同級生は隣りの足立三郎氏、故小林久夫氏である。
だれか卒業生に有名人は?
本名西澤義久、母の1年先輩みたい?西沢爽は有名な作詞家である。「からたち日記」「さすらい」などたすう。「雑学三学」も著名。

続きを読む