ろうそく足

週刊「へそゴロ」

週刊「へぇーそー!五郎久保」第8号(略して「へそゴロ」)

駅周辺に話を戻そう。

ソフトバンクの前は?

今もオーナーだと思うけど、K食料品店だった。その後ローソンをやったけど、一身上の都合でやめてソフトバンクに貸した。
実は、隣の三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)がとても欲しかった土地だ。なぜならば角地であり、銀行にしてみると心臓部分を欠いた土地だからである。長年にわたり触手を伸ばしたようだが、とうとう本懐を遂げられず今日に至る。
隣のM写真屋(現不動産屋)は執拗に銀行に売りたがったが、いとも簡単に断られたらしい。本尊は欲しかったが、お末社だけはいらなかったからである。

銀行は古いの?

戦前からあるのかもしれない。この辺唯一の都市銀行である。昔から今に至るまで、東長崎駅南北を通して一軒である。北にかつては、三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)があった。要町であるが痕跡も留めていない。そのせいか、鼻柱が昔から強い。商店街の貯金箱と言われている。
そういえば、私の子どもの頃には、ディズニーの貯金箱(セルロイド製)を配っていた。無論、全店挙げてである。ミッキーマウス、バンビ、ドナルドダックなど集めたものだ。銀行のショーケースにもその貯金箱が並んでいた。
正月の鏡開き頃には、店舗の二階でお得意様相手に、おしるこをおよばれした記憶もある。50年前かもしれない。
戦後は財閥解体により、「千代田銀行」と名前を替えたこともあった。三菱銀行、東京三菱銀行、そして三菱東京UFJ銀行と変わった。弱い外為をフォローしたようである。
蛇足ながら、この支店長はエリートコースではない。大体定年退職目前の御仁が赴任したものだ。隣の江古田の支店長になると
エリートコースらしい。それを裏付けるように、法人部門担当は江古田支店にある。かつては東長崎支店にもあったが…。
話は全く異なるが、東長崎駅には駅長はいない。助役だけである。池袋の次は練馬に行くまでいないようだ。

続きを読む