ろうそく足

週刊「へそゴロ」

週刊「へぇーそー!五郎久保」第25号(略して「へそゴロ」)

伊勢屋の路地を挟んで隣は?

今は空き地だ、かつてはここに美容室があった。ほんだかな?

ちょっと訂正したいんだけど…

前号の富士見荘だけど、正式には冨士見荘みたい。天気の良い日には、昔はこの辺でも富士山が良く見えたものだ。
今でも、駅橋上の南口エレベータ左横窓から、富士山が良く見える。この辺りは工場がないせいかもしれない。

美容室の隣は?

東京永地という不動産屋、そしてラーメン屋があった。ラーメン屋は先年火事を出して、閉店してしまった。北港という名前だったと思う。
火事といえば、玉川屋の向こう隣も以前に火事を出した。確か焼鳥屋だったかな?残り火の不始末が原因だったらしい。店主夫婦は二階で寝ていたとか…幸い、命は無事だったと聞いている。

それから?

北港の隣は、西武鉄道の鉄道用地だった。現在もそうなのかもしれない。ユアコート東長崎というマンションになっている。以前は、富士交通何とか?という西武鉄道の子会社だったみたいである。詳細は定かではない。余談ではあるが、ここからプラットフォームに直行できないのは残念極まりないことだ。

そして?

前出のメヌマ電気商会である。商号の由来を知らない。熊谷に妻沼(めぬま)という町があるみたいだが…?

それから?

クリーニング屋である。マルセンという。ここも、結構古そうである。

そして?

美容院だ。ZOOMという。居抜きで、経営者が何代か変わっているような気がする。隣は珈琲庵。

その隣は?

千円床屋カット・メイトである。以前は接骨院だった。そして、雑貨屋だったところは空き店舗になっている。

続きを読む