ろうそく足

週刊「へそゴロ」

週刊「へぇーそー!五郎久保」第28号(略して「へそゴロ」)

「ララ」の隣は?

酒屋が角にあった。「伊勢和」といったかもしれない。

通りは違うけど、踏切の方に進んでみよう。コンコン通りのインド・ネパールカレー屋「マサラハット」の前は?

呉服屋だった。

その隣は?

「キンポードー」というドラッグストアだった。昔でいう薬房、薬剤師がいない薬屋である。

その隣は?

「キンヨードー」という出小物店といわれた。いわゆる質流れ品の類いを売る店だった。ここから銀座通りの林の床屋向かいに移ったが、いつのまにか無くなってしまった。

その角は?

この界隈唯一の漢方薬店、「通天堂薬局」だった。店主はここで生まれたそうだが、先年亡くなられた。奥様は健在である。亡くなられる前にお店を閉じた。話好きの御主人だった。穏やかな人柄、暮れの特製のくじ引きがなつかしい。
この線路端は水が出たそうである。そう聞いた覚えがある。

通天堂の向かいは?

線路端がパーマ屋。代が替わっているかもしれない。

その隣は?

今は「一本堂」だが、以前はパチンコ屋「ジャンボ」だった。

そして

隣はジーパン屋だったかな?名前は忘れてしまった。

それから

豊島区唯一の洋傘屋である。製造直売、跡継ぎはいるのかな?

隣の角は?

米屋だった。

それから

「サニーマート」は、かつては線路の反対側にあった。以前は「八寿奈寿司」だったかと思う。この店は栄通り北端に移ってしまった。そして「大むら」そば、その先の角には「奈奈」がある。パブだったと思うが…。以前はトモコといったそうである。

続きを読む