お地蔵さまのようなあたたかなお寺

49日・1周忌・3回忌・位牌供養・開眼供養など

 

 

 

法事は亡くなられた方へ、生きている私たちがするご供養のことです・日本仏教では地域によって様々な考え方がございますが、亡くなられた日を1日目と数え、そこから33回忌まで弔います。33回忌を終えた場合に「ご先祖様」となります。
位牌供養や開眼供養などのご供養は、位牌やお仏壇・お墓を清浄にする儀式です。位牌やお仏壇もそのままでは物と同じです。僧侶が儀式をすることによって生命が生まれ、家を代々守っていただけるのです。
全昌院では檀信徒の方をはじめ、回忌のご依頼、開眼供養など実施しております。

 

年忌・法事に関して

 

回忌 回忌名/説明など
初七日 初願忌(しょがんき)
二七日 以芳忌(いほうき)
三七日 洒水忌(しゃすいき)
四七日 阿経忌(あぎょうき)
初月忌 初月忌(しょがっき)没後、最初の月命日。立日とも言う。
五七日 小練忌(しょうれんき)
六七日 檀弘忌(だんこうき)
七七日 大練忌(だいれんき)、四十九日、満中陰、尽七日とも言う。
百ヶ日 没日の99日後。卒哭忌(そっこくき)。
一周忌 没年の翌年の祥月命日(以下、祥月命日は省略する)。一般に、この日までが「喪中」とされます。
三回忌 没年の翌々年。最近では三回忌まで親類を呼ぶ場合が多いです。。
七回忌 没年の6年後
十三回忌 没年の12年後
十七回忌 没年の16年後
二十三回忌 没年の22年後
二十五回忌 没年の24年後
二十七回忌 没年の26年後
三十三回忌 没年の32年後。かつては三十三回忌まで親類を呼ぶ場合が多かったです。

赤字は特に重要な回忌を表しています。
※説明には諸説ありますこと予めご了承ください。

 

位牌供養
お位牌は49日まで(忌明け)までは白木の仮位牌に魂を込めます(白木のお位牌は大体葬儀会社さんが用意されます)。49日の法要の際に、塗りの黒い位牌(本位牌)を準備し、清浄にしてご自宅のお仏壇でお祀り致します。白木のお位牌はお焚き上げとなりますので、当山にお渡しください。

開眼供養(お仏壇・お墓)
お仏壇は仏具屋さんなどで購入された後に、清浄にする儀式が必要となります。お墓も同じです。そ
の際にはきちんと儀式を致します。

法事名 お布施
四十九日 50,000円以上
1周忌 50,000円以上
3回忌~それ以降 50,000円以上
位牌供養(一体) 10,000円以上
開眼供養(お仏壇・お墓) 30,000円以上

お車代

 

都内 1万円
都外 交通費


ホーム ブログ・寺報 お葬式について ご法事について 年中行事・イベント 墓地分譲 お問合せ