2月15日 涅槃会を厳修致しました

 

 

2月15日は仏教をお開きになられた、

 

お釈迦様が涅槃に入られた日です。

 

この日は日本の多くのお寺が、お釈迦様のご遺徳をしのび、法要を勤めます。

 

 

お寒い中、善男善女の方々が本堂に集い、

 

涅槃図、仏足石(ぶっそくせき)を拝し、涅槃会を営みました。

 

当院住職から、多くの人を救うために、お釈迦様には水掻きがあることや、

 

『涅槃経』で説かれるお釈迦様の最後のお言葉をお伝えしました。

 

 

最後に、参列の方々涅槃図に向かいご焼香をしました。

 

仏教は2,500年の長い歴史があり、幾多の困難に見舞われながらも、

 

今日まで伝えられてきました。

 

お釈迦様が最後に遺されたお言葉「怠ることなく、修行を完成させなさい」

 

というお言葉を旨に、私たちも精進しなければなりません。

 

トップへ戻る