令和2年 新年祈祷会厳修される

 

令和2年1月3日に、新年祈祷会が厳修されました。

 

多くの檀信徒の皆様にご参加いただき、

 

無病息災などを祈願し、理趣分祈祷を行いました。

 

当山、住職は「『おめでとう』ってどういう意味?」と題し法話を行いました。

 

皆様、大変勉強になったのか、うなずくことしきりでした。

 

 

その後、皆様順番に焼香を行い、

 

ご先祖様にお祈りすると共に、本年の祈願を致しました。

 

 

新年のみにお供えする野菜もこのように頭角をあらわしております。

トップへ戻る